これなら勝てる!?浦和競馬の1600メートルに秘められたものすごいクセとは?

浦和競馬1600mコースのすごいクセを知ってる?

浦和競馬場には、全国の地方競馬の中でもとてもクセがすごいコースがあります。小回りでありながらも、スタート地点が独特の場所にあります。それが浦和競馬の1600メートルコースです。

この浦和競馬の1600mコースのすごいクセを知ることにより、これからの競馬人生に大きな影響を及ぼすかもしれません。ぜひ浦和競馬の1600メートルコースの攻略法をマスターしてください。

浦和競馬1600mコースのすごいクセとは?

浦和競馬の1600メートルコースの特徴まとめ

☑スタート地点が3コーナーと4コーナーの中間地点にある

☑フルゲートが11頭

☑ゲートが開いてすぐにコーナーを曲がる

☑内枠が断然有利

☑最後の直線が南関競馬の中でももっとも短い200メートル程

内枠に入った先行馬や逃げ馬にメリットがあることは、これでおわかりいただけたはずです。また、コーナーの中間地点にゲートがあることから、外枠に行く程半馬身のハンデがあるともされています。

さらに日本一難しいスタート地点と称されたり、有利な枠を無視した予想は非常に困難、ともされています。地方競馬、日本競馬、世界中の競馬場を見ても、独特の存在感があるのが浦和競馬の1600メートル戦ともいえます。

浦和競馬の1600mコースは、本当に内枠が有利なのか?

南関東4競馬場公式ウェブサイト「nankankeiba.com」では、データBOXが提供され、「枠番・馬番別成績」を調べることができます。そこで浦和の枠番に絞り、1600メートル戦を見てみると、意外な傾向が見えてきます。2016年10月から2017年9月までの半年のデータをご覧ください。

浦和競馬1600メートルコースの意外な傾向

【勝率】

1枠 23.8%

2枠 14.3%

3、5枠 12.2%

外枠の6~8枠 5%程度

【3着内率】

1~5枠 30%以上

6~8枠 17~23%

浦和競馬の1600メートル戦は基本的に内枠が断然有利です。しかし、外枠でも3着内に食い込む可能性は十分あります。もちろん、半年間のデータであり、出走する馬の実力や当日の状態もあります。いわば基本をしっかり理解しながら、パドックなどで当日の馬の状態を把握するのが、勝ち馬券につながります。

これで見えたか?浦和競馬1600mコースの攻略法!

さて、ここで浦和競馬1600m競争の単純攻略法が見えてきました。

3連単形式の攻略なら...

【1着馬の選び方】

1~5枠を選ぶ

【2,3着馬の選び方】

1~5枠を選ぶ(外枠はなるべく入れない)

外枠は期待ができそうな馬でない限りは馬券に入れない

私は浦和競馬の1600mコースに関してはこの馬券購入法をおすすめします。また、最後の直線が200mしかないので、外枠の差し馬はかなり厳しいような印象をもってました。しかし、2018年1月10日に開催されたニューイヤーカップの結果をみると、そうでもなさそうです。

稍重の馬場状態で、結果は1頭除外による9頭立てのレースとなり、1着2枠2番、2着7枠8番、3着8枠10番という競争結果でした。しかも、8番のクロスケは追い込み系、10番のトーセンブルは差しが得意な馬でした。

1着は内枠、2、3着は外枠・外枠 という買い方もおもしろいですし、外枠を入れるなら追い込み・差し系の脚質がおすすめです。

楽しい重賞もある浦和競馬1600mコース!

浦和競馬の1600メートル戦は平場ばかりで開催されているわけではありません。重賞競走でも実施され、代表的なところでは正月恒例で南関競馬重賞のSIIIに値するニューイヤーカップ、また牝馬クラシック三冠戦の初戦でSIに相当する桜花賞があります。

2018年の桜花賞は3月21日に開催されます。このデータをもとに、浦和競馬1600メートル戦「桜花賞」をぜひ攻略してみてください!

おすすめの記事