サンデーサイレンスは地方競馬でも最強産駒なのか?

サンデーサイレンスはどんな馬?

サンデーサイレンスと言えば、日本では一大勢力を誇った種牡馬です。1995年から13年連続で日本のリーディングサイヤーとなり、中央競馬でも数々の記録を塗り替えました。サンデーサイレンス系として人気が集まり、多くの名競走馬を生み出しました。

サンデーサイレンス産駒の代表馬は?

フジキセキ

サンデーサイレンス産駒で代表的な名馬は、フジキセキです。朝日杯3歳ステークスの勝ち馬で、早くに引退しましたが、その後種牡馬として、父のサンデーサイレンスに劣らず、数々の名競走馬を誕生させました。

ゴールドアリュール

ゴールドアリュールもサンデーサイレンス産駒の代表馬です。。ジャパンダートダービーや東京大賞典等、南関競馬の重賞などを勝利し、名ダート馬として記憶している競馬ファンも多いかもしれません。

ディープインパクト

さらに、忘れてならないのは、ディープインパクトでしょう。2005年、中央競馬においてナリタブライアン以来、11年ぶりの牡馬クラシック三冠馬となり、シンボリルドルフに次いで史上二頭目の無敗の三冠馬でもありました。フジキセキと同様、産駒からは優秀な競走馬が誕生しています。

サンデーサイレンスの現役時代は?

サンデーサイレンスの血を引き継いだ競走馬は、競馬を知らない人でも一度は耳にしたことがあるかもしれません。そんなサンデーサイレンスは、もともとアメリカで誕生し現役時代を過ごしました。

あまり期待されていなかったサンデーサイレンス…

当初はあまり期待されていませんでしたが、アメリカの三冠戦のうち二冠を達成し、G1は合計5勝を上げる程の活躍を見せました。種々の理由から種牡馬となって日本へ渡って来ましたが、サンデーサイレンスの功績は、日本の競馬史上に残る快挙でもあるでしょう。

しかし、2002年に16歳で死亡し、その後子供たちが種牡馬として活躍しています。すでに時代の中に埋もれている感があり、現役の直仔が数年前でとうとう1頭のみとなり、しかもかなりの高齢馬でもあります。

日本最強産駒サンデーサイレンスの遺伝子は健在?

そうは言っても、日本馬最強産駒であるサンデーサイレンスの遺伝子は、今でも子孫に引き継がれています。南関競馬でも存在感を見せつけ、現在でも活躍していると言えるでしょう。

リーディングブルードメアサイヤーという言葉があり、母方の祖父系統の種牡馬を意味すると言われています。要するに母の父のことであり、2018年2月現在、南関競馬のリーディングブルードメアサイヤーにサンデーサイレンスの名を目にすることができます。

取得賞金では第2位となっていますが、勝利数と勝馬頭数では第1位となっています。2018年は始まったばかりですが、サンデーサイレンスの影響はまだまだ消えてはいないようです。

サンデーサイレンスの孫の活躍に今後も期待しましょう!

おすすめの記事