地方競馬で降級馬は当たる?クラス落ち馬の攻略ポイントまとめ!



競馬では、降級馬は当たるという都市伝説が昔からあります。

しかし、残念なことにJRAでは2019年にクラスの降級を廃止しました。

ですが地方競馬においてはクラスの降級はまだまだ健在です。

そんな降級馬は、実際に勝てるのか?アドバイスをしていきます。

そもそもクラスの降級ってなに?

ほとんどの地方競馬場の場合、クラス分けというのはA1、A2、B1、B2、C1、C2、C3などといくつかに分類したクラスのことを意味します。

A1が一番最上クラスで、C3が最下層クラスです。

詳しくは以下の記事をチェックしてください。

チェック地方競馬のクラス分けについて徹底解説

転入馬の場合ははじめからBランクスタートの場合もありますが、ほとんどの馬はC3からスタートします。

そして、賞金獲得額が一定の金額に達すると、C3、C2、C1…A1と昇級していきます。

降級はその逆で、たとえばB2からC3などにクラスが下がることです。

降級馬はどうやって見分けるのか?

降級馬の見分け方はすごくカンタンです。

たとえば、レース名にC3と書いてあるレースがあったとします。

そうしたら、走がC2以上の馬を見つけるだけです。

ちなみに、この馬は2着になっていました。こんな感じで淡々と降級馬を探していきます。

とはいっても、降級馬はそんなに頻繁に出てくるわけでもなく、C3クラスの降級馬は弱い馬ばかりでさほどあてになりません。

どんな降級馬が狙い目なのか?

降級馬といっても、

  • 弱すぎて降級したり
  • 高齢で衰えはじめて降級したり

といったパターンもあるので、当然勝てない馬もいます。

ではどういった降級馬が狙い目なのでしょうか?

色々検証してみた結果、こんな降級馬が狙い目かと思います。

  1. 近5走で、2クラス以上降級した馬
  2. 降級直後に入賞している馬
  3. 降級後、1戦目か2戦目の馬
  4. 降級馬で、リーディング上位騎手が騎乗の場合(乗り替わり)

この中で一番重視すべき点は④です。

全て条件が合えばいうことなしですが、滅多にあることではありません。

逆に、騎乗テクニックがあまり上手くない騎手であれば、良い馬でも入賞する可能性がかなり低くなります。

降級馬でおすすめの券種は?

降級馬といっても、とりわけ勝率が高いわけではありません。

そのため必ず人気が高くなるわけでもありません。

なので、おすすめの券種としては、複勝・馬連・ワイドあたりがいいでしょう。

騎手や成績、持ちタイムなどを総合評価して良さそうなら単勝、馬単、3連単も狙ってもいけます。

地方競馬予想ならオッズパークに無料登録しておこう!
オッズパーク広告
  • ソフトバンクグループだから安心!
  • 銀行口座があれば最短3分で簡単登録!
  • データ分析コンテンツが豊富!
  • NP能力値付出走表で簡単予想!
  • ライブ映像も無料で見れる!
  • 予想に役立つ情報が満載!

おすすめの記事