高知競馬場全コース



高知競馬場の各コースの特徴、攻略法、代表的な重賞レースについて説明しています。

高知競馬場コースの特徴とは?

高知競馬場全容

馬場:ダートのみ
回り方向:右回り
1周距離:1100m

直線距離:200m
コース幅員:27-22m
高低差:1.58m
フルゲート数:12頭 ※1000mは10頭、1600mは11頭
ナイター:通年開催、愛称は「夜さ恋ナイター」

高知競馬場のコースは、

  • 内ラチ沿い3mは砂が深いため、各馬外を周回する
  • 3~4コーナーの半径が大きいため、差し・追い込み馬にもチャンスがある
  • 新馬戦が行われていない

といった特徴があります。

※1000m、1800m、2100mは2020年現在非施行

高知競馬場コースの攻略法とは?

高知競馬場コースは、

  • ~1300m 逃げ・先行馬に有利
  • 1400m~ 馬場や展開次第で差し・追い込み・マクリが決まる

といったコースとなっています。

それぞれのコースの特徴を解説していきます。

高知競馬場800mコースの特徴

高知競馬場800m

高知競馬場ダート800mコースは、

  1. 2コーナー出口付近からスタート
  2. 180度を超えるコーナーを回り
  3. 短い200mの直線を駆け抜ける

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

なし

攻略法と攻略ポイント

枠順による傾向は、

  • 2,3枠が有利

となっています。

脚質は、

  • 逃げが有利

となっています。

高知競馬場1000mコースの特徴

高知競馬場1000m

高知競馬場1000mコースは、

  1. 2コーナーの直線手前ポケットからスタート
  2. 3、4コーナーを曲がって小さいコーナー手前でゴール

といったコースとなっています。

 

代表的な重賞レース

なし

攻略法と攻略ポイント

枠順による傾向は、

  • 内枠が有利

となっています。

脚質は、

  • 逃げが有利

となっています。

高知競馬場1300mコースの特徴

高知競馬場1300m

高知競馬場ダート1300mコースは、

  1. 正面スタンド前の4コーナー出口付近からスタート
  2. 周回コースを1周

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

  • 黒潮スプリンターズカップ
  • トレノ賞
  • 土佐春花賞

攻略法と攻略ポイント

1コーナーまでの距離が短く、先行争いが激化しやすいです。

枠順による傾向は、

  • 最内を除く内枠が有利

となっています。

脚質は、

  • 先行馬が有利

となっています。

高知競馬場1400mコースの特徴

高知競馬場1400m

高知競馬場ダート1400mコースは、

  1. 4コーナー奥からスタート
  2. ホームストレッチを通過
  3. 周回コースを1周

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

  • 黒船賞 (JpnⅢ)
  • 黒潮皐月賞
  • 黒潮ジュニアチャンピオンシップ

攻略法と攻略ポイント

1300m戦から100m延長されたコースではあるものの、ペースが落ち着くこともあります。

脚質は、

  • 先行馬が有利

となっています。

もちろんペースや馬場が速いこともあり、

  • 先行勢がバテれば差しが届く

といったことがあります。

高知競馬場1600mコースの特徴

高知競馬場1600m

高知競馬場ダート1600mコースは、

  1. 3コーナーポケット付近からスタート
  2. 4コーナーを回ってホームストレッチへ
  3. 周回コースを1周

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

  • 福永洋一記念
  • 黒潮マイルチャンピオンシップ
  • 土佐秋月賞

攻略法と攻略ポイント

ポケットからのスタート、コース合流後は中央から内へ寄せていくため、

  • 最内を含む内枠が有利

となっています。

脚質は、

  • 先行馬が有利

となっています。

一方で、距離が長くなる分差し馬も台頭しやすい条件となっています。

玉石混交のため、高知競馬で最も荒れる舞台といえるでしょう。

高知競馬場1800mコースの特徴

高知競馬場1800m

高知競馬場1800mコースは、

  1. バックストレッチ真ん中付近よりスタート
  2. バックストレッチより1周半

といったコースとなっています。

年に一度使用されるかされないか程度で、開催頻度が非常に少ないコースです。

代表的な重賞レース

なし

攻略法と攻略ポイント

 

開催レースが少なくデータが少ないです。

基本的に1900mコースより、スタート直線が100m短いだけのコースのため、1900mコースを参照。

高知競馬場1900mコースの特徴

高知競馬場1900m

高知競馬場ダート1900mコースは、

  1. 2コーナー出口付近からスタート
  2. バックストレッチから1周半

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

  • 高知優駿
  • 二十四万石賞
  • 黒潮菊花賞

攻略法と攻略ポイント

施行数が少なく、重賞などで初めて走る馬が多いです。

そのため、ガチガチの決着は少ないです。

6つのコーナーを回りますが、統計上内枠が有利というわけでもありません。

  • 枠に関係なく、実績と距離適性から推測する

といいでしょう。

高知競馬場2400mコースの特徴

高知競馬場2400m

高知競馬場ダート2400mコースは、

  1. 正面スタンド前の4コーナー出口付近からスタート
  2. 周回コースを2周

といったコースとなっています。

代表的な重賞レース

  • 高知県知事賞

攻略法と攻略ポイント

「高知県知事賞」でのみ使用されるコースです。

年の瀬のグランプリレースであるため、前走が1400m戦だった馬など、距離を問わない実績馬が多く出走します。

他交流重賞における長距離実績で買うか、高知競馬での近走の実績で買うか悩みどころです。

ただし、近3年(2017~2019年)の連対馬実績はすべて、

  • 前走が高知競馬の1600~2000m戦 

となっています。

展開面では、スタミナ自慢の馬のロングスパートにより、直線での逆転劇が起こりづらいです。

そのため、4コーナー4番手以内が有利であり、先行馬もしくは追い込み馬が買い目であると予想されます。

地方競馬予想ならオッズパークに無料登録しておこう!
オッズパーク広告
  • ソフトバンクグループだから安心!
  • 銀行口座があれば最短3分で簡単登録!
  • データ分析コンテンツが豊富!
  • NP能力値付出走表で簡単予想!
  • ライブ映像も無料で見れる!
  • 予想に役立つ情報が満載!

おすすめの記事