勝ちにこだわる地方競馬!スピード指数予想の意外なデメリットとは?



地方競馬速報@ぶっちょです。

ときどき根拠のない予想サイトを見かけることはありませんか?

たとえば、こんな感じ。

軸 1

相手 2、3、4、5

たったこれだけでは何もわかりませんよねw

競馬では根拠探しが重要なんです!

良い子の皆さんはこういうコメントも根拠もない予想サイトを絶対に使うのはやめましょう。

・・・

さて、本題に入りますが、スピード指数予想には意外な落とし穴があるということにお気づきでしたでしょうか?

今回は、私が地方競馬で作った借金190万円を返済するまでに感じたこと「スピード数予想のデメリット」について少し語ります。

地方競馬予想でも、PDCAは重要!指数は役にたつか?

仕事、スポーツなどあらゆる分野で計画、実行、評価、改善(PDCA)を行わなければ目標を達成するのは困難です。

それは、競馬においても同じことで、確率論が重視される競馬でPDCAは絶対に必要なことです。

さらに、PDCAを行うには、自分なりの根拠探しが必要となります。

その根拠の一つにスピード指数があります。スピード指数とはいわば過去のタイムデータから、期待値を算出したもの。

しかし、私は指数に頼るのは途中でやめました。

逆に指数に頼る予想をやめてから勝てる自信がつき、はずれそうなレース、当たる自信のあるレース、高配当が望めるレースがわかるようになりました。

実は、スピード指数予想にはデメリットがたくさんあったんです。

スピード指数では予想の自信がつかない?

地方競馬においても、指数を使った予想方法は有効です。私も実際に指数を使って予想していたときは当たるときは10万以上当たるし、非常に楽でした。

しかし、地方競馬の予想においては固たる自信が身に付くことは絶対ありませんでした。

あくまで自分の力で予想していたわけではないですから。

そして、指数を使った予想方法には大きなデメリットがあることがわかりました。

スピード指数予想のデメリットとは?

私がスピード指数を使って予想をしていたとき、以下のデメリットを感じました。

①指数が高い馬ほど人気が出やすく、オッズと連動しやすい

 ☞ オッズと指数が比例しやすい(指数を見る意味がない)

②大事な情報を見落としがちになる

 ☞ 距離、枠番、馬場状態、騎手、調教状況などの情報をつい見落とす

③指数が高めの馬が数頭いると、買い目点数を増やしがちになる(増やせば当たると思って)

 ☞ 回収率が下がる

④どのレースも当たる気がしてしまうので、レースを絞り込みづらい(最悪毎レース賭ける)

 ☞ 的中率が下がる

指数を使うと、こんなにデメリットがありました。

わかりやすく言うと、スピード指数≒オッズ って感じです。

指数が高いということは、人気も高い

スピード指数を使っていたときに感じたことは、飛びぬけて指数が高い馬は配当が安くなりやすいということです。

言ってみれば、3連単で当たっても1000円以下だとか、ザラにあります。

競馬で意識しなければいけないのは、

①はずれたときの根拠を考える(正解かどうかは別として)

②高配当の馬券をコンスタントに少ない金額で当てる

です。

根拠というのは、たとえば枠番であったり、騎手、血統などです。

むしろ、スピード指数を使うメリットとしては、高配当が狙えて当たりやすそうなレースを絞り込むためのツール?なのかもしれません。

あらゆる数字におどらされるな!

競馬予想をしてて、参考データが多いと気持ちがブレブレになってしまいます。

特に、人間は数字に翻弄されやすい生き物なので、1番とか2番などといった数字ばかりきにしてしまいます。

たとえば、こんな状況があったとしたら、アナタはどうしますか?

Q. 1着予想において、連対率が同じくらいの3頭がいたら、どんな買い方をしますか?

もしも、1頭まで絞り込むとか、3頭全部買いしちゃう!などと考えていたら、負け組になってしまう可能性が高いです。

こういった馬券を絞り込めないパターンの正解は、馬券を購入しないこと。

大切なのは、少ない資金で、なるべく配当が高いレースを当てること。

もしこれができないのであれば、アナタは見えている数字に翻弄されています。

指数を使って予想すると数字以外のファクターを探すことが難しくなってしまうんです。(私だけだったりして?)

見えている数字「指数」にこだわるな!

見えている数字とは、主にオッズのことです。前述でもスピード指数≒オッズと記載してますが、スピード指数を見て予想するのも、オッズを見て予想するのもさほど変わりはありません。

オッズは多くの人の目に見えている情報です。競馬は、スピード指数だけでもオッズだけでも予想して勝つことは難しいです。

競馬で勝つには、その裏をかくファクターを見つけ出す必要があります。

さらに、指数を使って予想した場合、なぜ当たったのか?なぜはずれたのか?があまりよくわからないことが多いです。

つまり、スピード指数だけで予想をしても、大衆心理の裏をかくことは必然的に難しい、と私は考えます。

数字というのは目に見えてわかりやすいですから。(特にオッズ)

指数予想ではずしても得られるものなし!

馬券がはずれるのは当たり前のことです。

しかし、自分が設定した一定の条件を満たした上ではずれたときと、なんとなくレースを選んでなんとなく予想してはずれたときとでは、価値が全く違います。

大事なのは、的中率と回収率を上げることに執着するということ。そのためには買うレースの絞り込みを徹底しなければなりません。買えば買うほど的中率と回収率は下がるためです。

私の場合は、負けるたびにあらゆるデータや条件を徹底的に見直しました。まさにそれがPDCAだったのです。

何を一番伝えたかったのかというと、スピード指数はほぼオッズと同じ結果となるので、あまり意味がない!ということ。

また、競馬で勝ちたいのであれば、今行っている手法を完全にやめて、まったく別な視点で考えてみると面白いですよ!

地方競馬予想ならオッズパークに無料登録しておこう!
オッズパーク広告
  • ソフトバンクグループだから安心!
  • 銀行口座があれば最短3分で簡単登録!
  • データ分析コンテンツが豊富!
  • NP能力値付出走表で簡単予想!
  • ライブ映像も無料で見れる!
  • 予想に役立つ情報が満載!

おすすめの記事