中央競馬にはどんな女性騎手が?歴代騎手と現役騎手の活躍を徹底解説!



中央競馬に所属する騎手といえば武豊騎手、福永祐一騎手、など男性をイメージするのではないでしょうか。しかし騎手の中には少なからず女性もいます。この記事では歴代、現役の女性騎手の活躍についてご紹介していきます。

中央競馬の女性騎手は歴代も含めてたったの7人!

男性騎手が現役だけでも130人以上いるのに対し女性は歴代も含めてたったの7人しかいません。狭き門をくぐり抜け、男社会で奮闘する女性騎手たちは競馬ファンにとっては貴重な存在です。

中央競馬の女性騎手になれても活躍するのは難しい?

女性騎手の通算成績は以下のとおりです。

板倉真由子 246戦1勝

押田純子 158戦2勝

田村真来 430戦9勝

西原玲奈 527戦17勝

細江純子 493戦14勝 

増沢由貴子 870戦34勝

だんだん勝利数は増えているものの、厳しい成績です。やはり体格や体力の違いから勝利をあげるのは難しいのでしょう。

中央競馬の女性騎手は短命?引退後の生活は?

女性騎手は3~5年ほどで引退する方が多いようです。しかし中央競馬所属ではないものの、西原玲奈騎手と増沢由貴子騎手は現在でもフリーで騎手を続けています。ファンがいてこその活躍ですね。また、細江純子さんは解説者として競馬中継でよく見る方も多いのではないでしょうか。引退しても馬に関わる仕事をする方が多いようですね。

中央競馬の女性騎手として大注目の藤田菜七子騎手!

2016年にデビューした藤田菜七子騎手、とても可愛らしい見た目で競馬場にファンが押し寄せたということで有名になりました。

参考記事 ☞藤田菜七子(フジタナナコ) | ホリプロオフィシャルサイト

引用:デイリースポーツ

栗東の根本厩舎所属で、川崎競馬場でのデビュー戦は8着という悔しい結果に終わりますが、なんとその1か月後には初勝利をあげています。

参考記事 ☞菜七子、新潟8Rで勝利 G1騎乗資格まであと2勝

現役の中央競馬の女性騎手は可愛いだけじゃなく成績も良い?

藤田菜七子騎手はデビューしてからのわずか2年で、すでに26勝をあげています。デビュー直後の落馬など厳しい場面もありましたがくじけることなく頑張っている姿には心を打たれた方が多かったことでしょう。

また重賞競走にも6回騎乗しているので今後もさらに活躍してほしいと思います。

中央競馬の女性騎手はこれから増えていく?藤田菜七子騎手の後輩に注目!

藤田菜七子騎手に続いて、続々と女性が競馬学校の騎手課程に入学しています。

参考記事 ☞JRA競馬学校入学式 唯一の女子生徒・古川奈穂さんら8人が晴れの日を迎える

厳しい世界だとは思いますがぜひ無事にデビューしてほしいものです。

また、地方競馬でも女性騎手が活躍しています。地方競馬の女性騎手もぜひチェックしてみてください!

参考記事 ☞どうなる?レディスヴィクトリーラウンド第4R

参考記事 ☞岩手競馬のアイドル、鈴木麻優騎手の引退の件

競馬というと男性のイメージを持たれる方が多いかもしれません。しかし最近では女性のお客さんも増えてきて華やかになってきています。男性、女性ファンともに増えて今以上に競馬が盛り上がるように、女性騎手の今後の活躍に注目していきたいですね。

地方競馬予想ならオッズパークに無料登録しておこう!
オッズパーク広告
  • ソフトバンクグループだから安心!
  • 銀行口座があれば最短3分で簡単登録!
  • データ分析コンテンツが豊富!
  • NP能力値付出走表で簡単予想!
  • ライブ映像も無料で見れる!
  • 予想に役立つ情報が満載!

おすすめの記事