地方競馬での負担重量の影響と攻略ポイントとは?

地方競馬でも負担重量は関係ある?

競馬にかなり詳しい人であれば、負担重量がどのくらい影響するのか、ご存知の人も多いでしょう。

中央競馬であれば、1kgの負担重量で0.2秒ほどタイムが遅くなる、といわれています。

では、地方競馬では、たった1kgという負担重量ハンデでもはたして影響があるのでしょうか?

ここでは負担重量でレースを狙う際の攻略ポイントをご紹介します。

地方競馬は距離が短いので負担重量はあまり関係ない?

負担重量のハンデがあるレースについてひと通りのレースを調べてみると、全体的にみてその差はほとんどありませんでした。

負担重量の影響が少ない要素として、理由は少なくとも2つありました。

①距離が短いレースが多い

☞ 地方競馬では、基本的には1200-1400mのレースが非常に多いです。これは中央競馬に比べると距離が短いため、負担重量による影響はさほどうけません。

②トップ騎手は技術力で負担重量をカバーしてしまう

☞ リーディング下位の騎手が1-2kg程度少ない負担重量を背負った馬に乗ったところで、ほとんど意味はありません。トップ騎手は高い技術力で負担重量ハンデを簡単に上回ってしまいます。

結論からすると、負担重量によってレースが大きく変わることは全体的に少ないです。

1600m以上だと負担重量は地方競馬でも影響あり?

では、少し距離が長いレース、1600m以上に絞るとどうでしょうか?

実際に負担重量のハンデが大きい馬のデータを調べてみました。

すると、1400m以下では連対率が高いのに、1600mになると突然成績がガクンと下がる馬が比較的多いことがわかりました。

距離が長くなると、スタミナが必要になります。人間も重いものを持って長い距離を走ると疲れます。これと同じことが実際に馬にも起きています。

また、1600m以上の条件になると、負担重量の軽い馬は3着以内に絡むパターンが非常に多いです。

1600m以上でもリーディング下位騎手では負担重量は意味がない?

負担重量は、1600m以上の距離が長いレースになるとハンデの効果を発揮します。

しかし、いくら馬の能力が有利になっても、騎手の技術がなければハンデはほとんど役に立ちません。

したがって、リーディング上位の上手い騎手のときにハンデがある場合に負担重量の恩恵があるといえます。

負担重量でレースを狙うときの攻略ポイントは?

ここで、負担重量の恩恵がある場合、どういうレースをどういう買い方で狙えばいいか?

勝ちやすい攻略ポイントをご紹介します。

①1600m以上である

②8頭以上出走するレース

③リーディング上位騎手(3着内率高い)

④人気薄(3番人気以下)

⑤先行・逃げ馬

⑥同距離実績で3着内率50%以上

⑦複勝で購入する

1600m以上のレースとなると、地方競馬では1日にだいたい1-3レース程度しかありません。

さらにこれほどまでに条件を絞ると、条件を満たすレースは1日に1レースあるかないかです。

しかし、本当に競馬で勝つためには条件を徹底して絞る必要があります。

また、馬場やコースによっては枠順も考慮する必要がありますし、馬体重は重ければ重いほど(500kgに近いほど)負担重量の影響は減ります。

注意事項としては、大井競馬場の外回りコースは避けてください。追い込み、差し馬が有利となるためです。

 

これは当サイトで考えた地方競馬攻略法の一つです。ぜひ実践してみてください!

おすすめの記事