地方競馬のクラス分けについて徹底解説



地方競馬では、中央競馬とは異なる方式でクラス分けが編成されています。

それもそれぞれの地方競馬場でクラス分けのルールは違います。

ここでは地方競馬のクラス分けについて解説していきます。

地方競馬のクラス分け共通ルールとは?

ルール

地方競馬では、主に3段階で競走馬をクラス分けしています。

  1. A・B・C・Dとアルファベットで4つにクラス分けしています。
    「A>B>C>D」というようにAが一番高いランクになっています。
  2. 上記アルファベットのクラスの中で、さらに1・2・3・4と数字で最大4つにクラス分けしています。
    「A1>A2>A3>A4>B1>…」というようにA1が一番高いクラスになっています。
  3. 上記の中で、さらに漢数字、カタカナ、いろは順で表記されます。
    漢数字…「一>二>三>四」
    カタカナ…「ア>イ>ウ>エ」
    いろは順…「イ>ロ>ハ>ニ」
クラス分けの例
「B2 三 四」というレースでは、クラス「B」の「2」の中の「三組」と「四組」が出るレースということになります。

 

中央競馬と地方競馬のクラス分けの違い

中央競馬と地方競馬のクラス分けには大きな違いがあります。

中央競馬の場合、クラスをあげるために勝利数が審査基準になります。

つまり、勝ち星をあげなければ未勝利戦というレースにしか出られません。

しかし、地方競馬では獲得賞金が審査基準になります。

たとえ2~5着でも獲得賞金が積み重なればクラスを上げられることになります。

また、地方競馬では条件が満たされなければクラスが落ちます。

チェック地方競馬で降級馬は当たる!クラス落ちした馬の攻略ポイントまとめ!

南関競馬のクラス分けは?

南関競馬のクラス分け

南関競馬のクラス分けは「A1」が最上級です。

「A2」「B1」「B2」「B3」「C1」「C2」「C3」「2歳・3歳の未格付け馬」の9クラスに分かれています。

そして上半期(1月~6月)と下半期(7月~12月)で獲得賞金によってのクラス分けは異なります。

また同一のクラスの中でも一組・二組・三組…と分かれています。

こちらも数字が小さい組のほうが獲得賞金が多い馬となります。

門別競馬のクラス分けは?

門別競馬のクラス分けはかなり細かく設定されています。

一般馬のクラス分け

門別競馬一般馬のクラス分け

一般馬の「A1」を最上級として「A2」「A3」「A4」「B1」「B2」「B3」「B4」「C1」「C2」「C3」「C4」とクラス分けされています。

3歳馬条件馬のクラス分け

門別競馬3歳条件のクラス分け

3歳馬には条件付きで出場できるレースがあり、「1」「2」「3」「4」「未勝利」とクラス分けされています。

2歳馬のクラス分け

門別競馬2歳のクラス分け

2歳馬はすべて「1」「2」「3」「新馬」「未勝利」とクラス分けされています。

2歳馬で一般馬のレースに出るためには、一定の獲得賞金が必要になります。

岩手競馬のクラス分けは?

岩手競馬のクラス分け

岩手競馬では、「A」を最上級として「B1」「B2」「C1」「C2」の5クラスにクラス分けされています。

3歳馬は、シーズン当初は3歳馬のみで編成してレースを行います。

通算12開催以降、所定の計算式に基づいて格付け賞金を再計算したうえで古馬に編入されます。

重賞などで活躍して一定以上の賞金を獲得した場合はそれ以前に編入される場合もあります。

2歳馬はシーズンを通して2歳馬同士のレースとなります。

金沢競馬のクラス分けは?

金沢競馬のクラス分け

金沢競馬では、一般馬は「A1」を最上級として「A2」「B1」「B2」「C1」「C2」とクラス分けされています。

さらにそれぞれで一組・二組・・・・と細かくクラス分けされます。

3歳馬は「A」「B」とクラス分けし、それぞれ一組・二組・・・・と細かくクラス分けされます。

こちらも「A」の方が上のクラスとなります。

2歳馬は一組・二組・・・・とクラス分けされます。

2歳馬クラスは数字が小さいほうが上のクラスになります。

笠松・名古屋競馬のクラス分けは?

笠松・名古屋競馬のクラス分け

笠松・名古屋競馬場のクラス分けは、「A」を最上級として「B」「C」にクラス分けされます。

3歳馬は11月以降は「B」「C」のクラスに格付けされます。

2・3歳馬であっても、獲得賞金が250万円以上については「A」「B」のクラスに格付けされます。

兵庫競馬のクラス分けは?

兵庫競馬のクラス分け

園田・姫路競馬場では、4歳(3歳)以上の馬では「A1」を最上級として「A2」「B1」「B2」「C1」「C2」「C3」とクラス分けされます。

兵庫競馬のクラス分け

3歳馬のみのクラス分けでは「A」を最上級として、「B」「C1」「C2」とクラス分けされます。

佐賀競馬のクラス分けは?

佐賀競馬のクラス分け

佐賀競馬では、「A1」を最上級として、「A2」「B」「C1」「C2」「3歳」「2歳」とクラス分けされます。

こちらも獲得賞金によってクラスを上げることができます。

高知競馬のクラス分けは?

高知競馬のクラス分け

高知競馬は、一般馬は「A」を最上級として「B」「C1」「C2」「C3(上)」「C3(下)」とクラス分けされます。

2・3歳馬は獲得賞金が500,000円に達した時点で一般馬の格付けに編入されます。

地方競馬予想ならオッズパークに無料登録しておこう!
オッズパーク広告
  • ソフトバンクグループだから安心!
  • 銀行口座があれば最短3分で簡単登録!
  • データ分析コンテンツが豊富!
  • NP能力値付出走表で簡単予想!
  • ライブ映像も無料で見れる!
  • 予想に役立つ情報が満載!

おすすめの記事